プラスチック新法案とは?スプーンが有料化?賛否両論まとめ

プラスチックのスプーンお役立ち情報

2021年3月9日(火)プラスチック新法案についてニュースになっていました。

SNSなどで、さまざまな意見がでています。

スポンサーリンクc

プラスチック新法案

プラスチックのスプーン

プラスチックのリサイクルを強化する、『プラスチック資源循環促進法案』が閣議決定されました。

決定したこと

使い捨てプラスチックを、大量に無償提供している事業者に削減の義務を課すとのことです。

違反した場合は、50万円以下の罰金と決定しました。

 

家庭から出るプラごみで、自治体が回収するものには、文房具や子供の玩具も含めることも決まりました。

現在は、ペットボトルや、食品トレーが含まれています。

予想されること

事業者は、大量提供しているプラスチックを、

  • 有料化
  • 代替素材へ切り替え
  • 客に使用するか確認する

などして、プラスチックを削減することになりました。

中でも、有料化の対象となるのは、

  • コンビニのプラスチックのスプーンやフォーク
  • ホテルでのアメニティ

が予想されています。

これから決められること

『大量に無償提供している事業者』これに、対象となる事業者が決められます。

有料化を含む、具体的な削減方法も決定します。

いつから

来年2022年4月に施行予定としています。

スポンサーリンクc

SNSでの評判

否定意見

有料化を含む具体的な削減方法は、これから決めるとの事でした。

スプーンやフォークだけでなく、プラスチック容器も削減や、有料かもしれないですね。

使い捨てスプーンの代わりに、スプーンを持ち歩くようになれば、スプーンの需要が上がりますね!

スプーンやフォークの代わりに、無料なら割りばしで、という人も増えそうです。

コンビニで働かれている方が、文句言われないようにしてほしいですね。

賛成意見

スポンサーリンクc

まとめ

プラスチック新法案で、スプーンやフォーク、アメニティが有料化されるのでは、というニュースの賛否両論をまとめました。

プラスチック新法案が施行された後を想像すると、話題にキリがないですよね。

『プラスチック新法案とは?スプーンが有料化?賛否両論まとめ』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました