【空手オリンピック代表】植草歩選手の左目負傷はなぜ?理由を明かしたのは報道がきっかけ

2021年3月24日に空手の東京オリンピック代表選手である、植草歩選手がパワハラを受けていることを連盟に相談していることが報道されました。

帝京大時代の恩師で、全空連選手強化委員長の香川政夫氏からのパワハラ疑惑でしたが、香川さんは驚いているとのことでした。

2021年3月29日(月)植草歩さんは、様々な恐怖のため声をあげることを我慢してはいけないと、ご自身のブログで公開しました。

スポンサーリンクc

植草歩の左目損傷など様々な恐怖を公表した理由

最初にパワハラ疑惑が報道されたのは、3月24日で、植草歩さんの教え子が出場する大会の開催日だったとのことで、残念だったともいっています。

アメブロでの告白

ただ皆様が、知ることとなった今は、ここで私が、様々な恐怖の為、声を上げることを我慢してしまえば、これまで、解決の為にお力添え下さいましたコーチや先生方、支えてくれた仲間にも申し訳なく、また、このままの状態が続くことは、オリンピック選手としても、望ましいことではないと思い、微力な私ですが、精一杯の勇気を出して、真実をお伝えすることに致しました。

引用元:https://ameblo.jp/ayayumin0725/entry-12665138196.html 

 

3月24日の報道によって、植草歩さんご自身のお気持ちを公表するきっかけとなったのですね。

 

植草歩さんのTwitter

植草歩さんのアメブロ

スポンサーリンクc

世間の声

スポンサーリンクc

 まとめ

植草歩さんの今回の勇気ある行動で、変わるといいですね。

左目が失明せずに、本当に良かったです。

『【空手オリンピック代表】植草歩選手の左目負傷はなぜ?理由を明かしたのは報道がきっかけ』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました