日高屋の安さの理由は何?味のこだわりや創業の理由!ジョブチューン4月3日放送

2021年4月3日(土)に放送されたジョブチューンで紹介された、中華食堂の日高屋が気になります。

関東中心に、400店舗ある人気店です。

スポンサーリンク

ジョブチューンで紹介された日高屋

ラーメンは390円、ぎょうざ270円、ジョッキのビールも290円など、安い日高屋さんですが、安さの理由は何でしょうか?

安さの理由

日高屋の神田会長は、コバンザメ戦略が安さの理由といいます。

マックや吉野家など、大手が調査している場所の近くに店舗を出すことで、集客をしている。

全ての商品を自社の工場で生産しているので、原価が安くなる。

たれやチャーシューや麺、ぎょうざなどの皮の切れ端や、キャベツにいたるまで材料を徹底して無駄なく使っている。

味のこだわり

神田会長は10人中7、8人がおいしいと言ってくれるのを、目指しているといいます。

そのほうが、飽きない味になるといいます。

味は、高橋社長が試食して、マニュアルも決めています。

誰でも同じ味を作れるように、特製だれを使用しています。

創業の理由

創業した理由としては、神田会長に、20億円の借金があったからとのことです。

さまざまな事業に失敗しましたが、60歳手前で日高屋を創業し、大成功したのですね。

スポンサーリンク

まとめ

食材を無駄なく使用するというのは、フードロスにもつながって素晴らしいですね。

『高田屋の安さの理由は何?味のこだわりや創業の理由!ジョブチューン4月3日放送』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました