マツコの知らない世界で紹介されたヴィジュアル系バンド!4月6日

2021年4月6日(火)に放送された、テレビ番組『マツコの知らない世界』は、ヴィジュアル系バンドの世界でした。

元自衛官の経歴をもち、25年間で100組以上のヴィジュアル系を愛してきた、ヴィジュアル系作家の、藤谷千明さんが紹介しました。

マツコの知らない世界の番組で紹介された、ヴィジュアル系バンドをまとめましたので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンクc

マツコの知らない世界で紹介されたヴィジュアル系バンド

14歳から、LUNA SEASEAや黒夢にはまった、藤谷千明さん。

昔の人、怖い、時代遅れと思われてしまいがちなので、等身大ではなく、非日常が体験できるヴィジュアル系バンドがおすすめと紹介していました。

ヴィジュアル系の語源は、Xのキャッチコピー、PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK(鮮烈なヴィジュアル&ハードショック)という言葉から生まれているそうです。

LUNA SEA

従来のハードな曲調のヴィジュアル系と違って、神秘的で幻想的な音楽性。

女性ファンが多いバンドでした。

LUNA SEAには、伝説といわれるライブがありました。

1999年に行われたLUNASEA10周年ライブは、ライブセットに数億円かけられていました。

3日前に台風の影響で、セットが壊れてしまいました。

メンバーがヘリで登場し、壊れたセットの前で歌ったのが、かっこいい演出にもなりました。

SHAZNA(シャズナ)

1993年デビュー

現代の可愛い系ビジュアルバンドの流れを作ったバンド。

ボーカルのIZAMの、可愛い女装姿が衝撃的で話題となった。

GRAY

ベストアルバムの売り上げは日本歴代3位、ライブの総動員数20万人という記録は、日本でトップになっています。

1999年がヴィジュアル系バンドのピークと思われています。

MALICE MIZER(マリスミゼル)

1992年結成。

2代目ボーカリストとしてGACT

美しいルックスとコスチュームから、究極のヴィジュアル系バンドと呼ばれていました。

まるで宝塚のような演出と、世界観重視のため楽器をひかないスタイルでした。

ゴールデンボンバーが影響をうけているとのこと。

Versailles(ヴェルサイユ)

2007年結成

バラの末裔がコンセプトとなっています。

フランスの貴族がベースとなっていて、海外でも人気があるバンドです。

DIR EN GREY(ディルアングレイ)

1999年YOSHIKIのプロデュースにより、衝撃のメジャーデビュー。

海外で人気のヴィジュアル系バンドのはしりとなっています。

極め過ぎた、非日常の過激パフォーマンスを、テレビで観てしまった子供が、泣き出してしまうという、ある意味伝説となったバンドです。

スポンサーリンクc

現代のヴィジュアル系バンド

最近は細分化しすぎて、「ヴィジュアル系バンドとは、今はこれが流行っている」と言えなくなっている。

theRaid.(レイド)

マンガ要素を取り入れたバンド。

オリコン週刊チャートでは最高5位。

己龍(きりゅう)

和製ホラーという世界観。

今月、3度目の日本武道館ライブも行う予定。

スポンサーリンクc

トレンド要素を取り入れた進化系ヴィジュアル系バンド5選

NOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナル・ブラッドラスト)

2009年結成。

メタルコア・ラウドロックなどの様々な要素を取り入れ、『エクストリーム』というジャンルを掲げている。

2020年にはヴィジュアル系に筋肉を取り入れ、きゃしゃなヴィジュアル系という常識を打ち破り、ファン層が広がりました。

0.1gの誤算

ヴィジュアル系に地下アイドルをかけあわせたバンド。

地下アイドルのような、なんでもあり感が魅力です。

ライブ中ファンと綱引きしたり、ファンとの距離が近くて人気です。

ソーシャルディスタンスライブも行っています。

ライブ中、ファンがスマホに録音した声を、ステージに届けるという、斬新なアイデアを取り入れています。

アリス九號(ナイン)

ヴィジュアル系とダンスをかけあわせたバンド。

楽器も演奏しますが、アイドルのようなダンスが若い女性に人気です。

CHOKE

ヴィジュアル系にラップをかけあわせたバンド。

現代的ラップ・メタルを取り入れ、海外でも人気のあるバンド。

最上川司(もがみがわつかさ)

2015年にメジャーデビュー。

ヴィジュアル系に和装を取り入れている。

本業は、THE MICRO HEAD 4N’Sというバンドのドラマーです。

父親の影響で、好きだった演歌を諦められなかったとのことです。

スポンサーリンクc

まとめ

ヴィジュアル系バンドも進化していて、さらにファン層が広がっていきそうですね。

『マツコの知らない世界で紹介されたヴィジュアル系バンド!4月6日』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました