ファミマ『クリスピーチキン』販売再開はいつ?なぜ製造休止?

フライドチキングルメ

2021年3月5日(金)ファミリーマートのクリスピーチキンが、販売中止となったことがニュースになっていました。

ハバネロホットもなくなり次第終了となるといいます。

なぜファミマクリスピーチキンが販売中止なのか、販売開始はいつなのか、気になります。

スポンサーリンクc

ファミマクリスピーチキン販売中止理由

ファミチキクリスピーチキンは、新商品として販売されていました。

2日で200万食も売れ、需要が供給を上回ってしまいました。

クリスピーチキンは工場での製造となります。

需要が高ければ、製造ラインを増やしたり、新しく製造場所を確保するのに時間がかかるため、販売再開までも時間がかかるのです。

加えて新商品はどれだけ売れるかわからないため、初めの稼働を最小限にして、製造することが多いのです。

そのため、製造ライン確保のため、工場で製造を一時休止することがあります。

 

今回ファミマクリスピーチキンのニュースでは、販売休止となっており、工場での製造はしているとのことでした。

 

スポンサーリンクc

ファミマクリスピーチキン販売再開時期

ファミマ『クリスピーチキン』の販売再開はいつになるのでしょうか?

これまでの人気食品で、製造中止となり、販売再開までどのくらいかかるのか、調べてみました。

 

今回ファミマクリスピーチキンのニュースでは、販売休止となっており、工場での製造はしているとのことでした。

スポンサーリンクc

人気食品の商品販売再開

ファミリーマートでは、2013年10月に発売した、ファミマプレミアムチキンも人気商品となりました。

10日間の販売で製造休止となり、再開は3月5日でした。

販売再開まで、3~4カ月かかっています。

鶏肉の供給を追いつかせることに苦労した

宮井氏によれば、予想していた販売本数のおよそ3倍のファミマプレミアムチキンがわずか10日間で

完売したという。

販売再開に向けて特に苦労した点を同氏に尋ねると、「とにかく鶏肉の供給を追いつかせるのが最も大変でした」との返答。

「商材である鶏は、ファミマプレミアムチキンとして最適な大きさに成長するまで最短でも45日必要なんです。

すぐに生産を増やす訳にはいかず、本当に苦労しました」

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20130425-premiumchicken/

プレミアムチキンの場合は、鶏肉を調達するのに時間がかかったとのことです。

今回はチキンの形状も違いますので、鶏肉供給問題ではなさそうです。

 

今回ファミマクリスピーチキンのニュースでは、販売休止となっており、工場での製造はしているとのことでした。

 

【ネスレミロ】

2020年12月8日製造休止となり、2021年3月1日に販売再開となっています。

約3カ月が経っています。

【ノンアルコールビールオールフリー】

2010年8月10日製造休止となり、2010年9月7日に販売再開となっています。

約1カ月が経っています。

【カップヌードルごはん】

2010年8月20日に製造休止となり、2010年9月27日販売再開となっています。

約5週間が経っています。

【食べるラー油】

2009年8月に発売された、桃屋の食べるラー油は1年半がたっても、品薄状態にありました。

 

これまでの人気商品の製造休止から、販売開始まで、1カ月か、3カ月かかる場合もありました。

工場での製造休止となった場合、ファミマクリスピーチキンも、早くて1カ月くらいかかると予想します。

スポンサーリンクc

まとめ

ファミリーマートのクリスピーチキンの販売再開はいつになるのか、なぜ製造休止なのか、ご紹介しました。

ファミマクリスピーチキンは、製造休止ではなく、工場では生産しており、販売休止でした。

ファミチキクリスピーチキンの、品薄状態が解消されるといいですね。

『ファミチキクリスピーチキン販売再開はいつ?なぜ製造休止?』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました