0~2歳におすすめ絵本の魅力!どんな絵本を選べばいいかもご紹介!

未分類

今回は『0~2歳におすすめ絵本の魅力!どんな絵本を選べばいいかもご紹介!』をお送りします!

音の出る、絵本のおもちゃもありますが、絵と文字だけの絵本も、赤ちゃんやママ・パパの想像力をかきたてられて、楽しいものです。

ママ・パパの声や音を聞かせてあげることができる絵本は、ひざに乗せて読み聞かせたり、スキンシップや、コミュニケーションにもなりますよね!

ストーリーが理解できるのは、2歳くらいからと言われています。

ですが、2歳まででも、親子で楽しく読めるおすすめの絵本と、魅力や選び方もご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

絵本の魅力って?

絵本と言うと、可愛い絵と、子供が楽しめるようなことばが描いてありますね。

子供は楽しく読んで、見て、いろいろなことを絵本から学んでいくのですね。

では、絵本から子供がどんなことが学べて、成長できるのでしょうか?

  • 言葉をおぼえる
  • よろこぶ、おこる、かなしむ、たのしむ、絵本の登場人物の感情を学べる
  • 映像とは違い、絵本に描かれる言葉と絵以外を、想像する力がつく
  • いろんな世界に触れる機会ができ、いろいろ知りたくなる
  • 親子のスキンシップや、コミュニケーションになる

絵本は楽しみながら、親子のコミュニケーションやスキンシップをとりながら、子供の成長を助けてくれますね。

絵本から学べる想像力は、相手の気持ちになって、理解しようとする力が身につきます。

また、先に起こることを想像でき、危険を避けることができるのです。

ゆくゆくは、子供が自分を自分で守れる力になりますよね。

子供の成長のために、どんな絵本を選べばいいのでしょうか?紹介していきますね!

Sponsored Links

どんな絵本を選べばいいの?

  • 色がはっきりしていたほうがいい
  • 言葉の効果音、音の響きがおもしろいもの
  • 繰り返しのフレーズがあるもの
  • やさしいタッチの絵

赤ちゃんは5~6カ月くらいで、色の違いを認識しています。

1歳くらいまでは、絵本を読むことで、パパ・ママの声や、「ワンワン」「ブーブー」など、楽しい言葉の効果音を、聞かせてあげるといいですね!

1歳くらいから、喜怒哀楽や想像する力が伸びていき、豊かな表現力ができるようになる時期です。

子供に合わせて、たくさんの絵本に触れる機会が、あるといいですよね!

2~3歳になると、ストーリーも少し理解し始めます。

子供は、同じ本を繰り返し読みたがりますが、ストーリーを理解しようとしているので、根気強くお付き合いくださいね!

0~2歳おすすめ絵本

『はらぺこあおむし』(エリック・カール、もりひさし)1320円

穴のあいたしかけ絵本で、指を入れたりして遊べます。

色鮮やかできれいな絵です。あおむしが食べる野菜もでてくるので、子供の好き嫌いも減るかもしれませんね。

『ぐりとぐら』(中川李枝子、大村百合子)990円

歌が可愛くてオリジナルのリズムで歌える。出てくる食べ物や、カステラに喜ぶ。ワクワク感。

『いないいないばあ』(松谷みよ子、瀬川康男)770円

パパ・ママも読んだことがある人も多いでしょう。繰り返しの言葉が楽しいのと、手遊びを覚え、一緒に遊べます。いないいないばあで、子供が笑います。あと、絵が可愛いです。

『だるまさんシリーズ3冊セット』(かがくいひろし)2805円

だるまさんのコミカルな動きや、リズム感のある言葉で、子供が大笑いしたり、動きを真似したりします。子供が夢中になってくれます。

『くつくつあるけ』(林明子)880円

赤ちゃんのくつが主人公で、「ぴょんぴょん」「ぐーぐー」「ごろごろ」など楽しいリズムの言葉で、子供も笑い出します。きれいな色合いで、絵も楽しめます。

Sponsored Links

まとめ

0~2歳におすすめ絵本や、絵本の魅力、どんな絵本を選べばいいかをご紹介してきました。

言葉を覚えるだけでなく、心の成長も助けてくれる絵本。

ママ・パパに絵本を読んでもらうことで、スキンシップになり、子供は愛情を感じ、自己肯定感が生まれます。

子供の気分に合わせ、できるだけ毎日、絵本の読み聞かせの時間がとれるといいですね!

『0~2歳におすすめ絵本の魅力!どんな絵本を選べばいいかもご紹介!』を最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました