林修の今でしょ!東大生が決める歌詞がすごい歌ランキングベスト20は何?5月4日

歌手テレビ番組

2021年5月4日(火)テレビ番組『林修の今でしょ!』で東大生が決める、歌詞がすごい歌のランキングが紹介されました。

東大生500人が選ぶ勉強になる、歌の歌詞が紹介されました。

ランキングベスト20をまとめましたので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

林修の今でしょ!東大生が歌詞がすごい歌ランキングベスト20

20位.藤井風『帰ろう』

 

19位.back number『高嶺の花子さん』

18位.ゲスの極み乙女。『私以外私じゃないの』

 

17位.サカナクション『新宝島』

 

16位.ゆず『栄光の架橋』

 

15位.Ado『うっせぇわ』

14位.Offcial髭男dism『宿命』

13位.優里『ドライフラワー』

12位.SEKAI NO OWARI『Dragon Night』

 

11位.中島みゆき『糸』

 

第10位.あいみょん『マリーゴールド』

 

麦わらの帽子の君が、と表現したところが、イメージが少年ぽくならずにすごい。

でんぐり返しの日々、同じ意味を組み合わせたのが凄い。

第9位.欅坂46『サイレントマジョリティー』

 

アメリカのニクソン大統領は、自分に賛成しない人を、サイレントマジョリティーと呼びました。

現代の若者の気質と、通づるものがあるとのことです。

日本の若者を政治用語で比喩し、歌詞にしたところがすごい。

来年、高校の教科書に取り上げられることが、決まっています。

第8位.クリーピーナッツ『板の上の魔物』

 

作詞はR-指定さん。

べしゃり暮らしという、漫画を題材にしていて、1巻~10巻までが韻をふんでいる。

語彙をたくさん持っている。

第7位.KingGnu『白日』

要所要所に口語体があり、利き手に共感を求める。

かっこいい表現を用いがちだが、口語体が入っているのがおもしろい。

第6位.RADWIMPS『おしゃかさま』

2009年にリリースされた曲。

人類以外の動物を用いて、人間について書かれている。

第5位.宇多田ヒカル『ファーストラヴ』

 

英語と日本語の混ぜ方が絶妙。

例えのうまさを感じる。

たばこのフレーバーがした、という部分が日本語と英語どちらも際立つ。

日本語で言うとくさいセリフを英語で歌って、独特の英語のニュアンスが生かされている。

第4位.ミスターチルドレン『名もなき詩』

第3位.椎名林檎『丸の内サディスティック』

 

歌詞が難解。

20年前の名曲。

意味がわからないのに、感動し覚えてしまうところがすごい。

無意味という意味をまとっている魅力。

第2位.YOASOBI『夜に駆ける』

曲単体で聴いても成立するが、小説とうまく融合させている。

君にしか見えない何かをみつめる君が嫌いだ

歌詞では明かされていないが、小説になると『死神』と明かされている。

2段仕掛けで楽しめる歌詞となっている。

第1位.米津玄師『Lemon』

 

後から分かってくる歌詞。

苦いレモンの匂い、と表現されると味よりも想いを感じる。

衝撃を受けた東大生が多かった。

スポンサーリンク

まとめ

東大生の方は読み方が深いですね。

『林修の今でしょ!東大生が決める歌詞がすごい歌ランキングベスト20は何?5月4日』を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました